スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年02月06日

泣く

私は野々村議員がとても関心を惹かれた。議員として珍しくはない汚職事件。今回もそんな終わり方をすると思いきや、彼特有の問題へと進化したように思える。
そもそも大人の一般社会で泣くといくとはあまり好ましくないことだと私達は教わる。そんな中彼はとても激しく泣き出した。このことはしばらく社会に反響を催したのではないだろうか。
現在SNSというものはとても簡単に情報を伝える。そのためか悪意のこもった写真なども多く流れるだろう。野々村議員にも同じことがいえた。泣き顔の写真、あることないこと加工され人気ワードに登るまでとなる。こうなったときに果たして人目に触れる回数の多い人というのは沢山の苦労を社会から私達の前から消えたとしても絶えないのではないかと考える。借りに野々村議員が罪を償い、社会に復帰したとして泣き顔の社会は消えない。テレビの映像は消えない。復帰にはとても前途多難ではないだろうか。
私は改めて有名人というものに観点を置こう。彼らは私達には理解の出来ない給料体制で働いていることだろう。だれもが煌びやかな世界にあこがれ、だれもが羨む世界である。しかし裏を返せばさまざまな人が挫折をし夢を諦めたころには手遅れとなる世界でもある。こう考えると少し野々村議員にも同情せざるを得ない。彼は確かに議員になるために大変な苦労をしたことだろう。それを日本に生かすために働いていたであろう。どこかでネジが曲がっただけかもしれない、そこからレールが外れたぢけかもしれない。しかし私達民間人にとっては罪のことのみを焦点にあて正当な評価なしに物事が進んでいく。カメラを通してさまざまな人の前に醜態をさらされる。私ならそんな環境には耐えられるわけがない。そんなことを考えるとつくづく有名人として社会に名を馳せる人たちは諸刃の剣をもって生活しているものだ。一歩間違えばすぐにでも社会では生きていけなくなる。そんな生活をしたいだろうか。憧れが強く今はだれもが有名人になり得る時代がきている。議員、芸能人、著人。その他もろもろの全てのテレビに映る人に言いたい。今の世の中は生きやすいのか?と。海外のセレブは自分の名を売るための努力を惜しまない。悪いことでさえ名を売るためとなる手段となる。悪いことがいいのではないが日本のように少し歪曲したメディアはあまり良くはないと思う。海外でも悪い、良いはあるその判断の中で一番自分が輝くことのできる人たちが輝くのはきっと自分を上手く売れる人だと思う。日本の有名人ももう少し輝く人となれるよう突発的なことで有名度を上げないようにしてほしいと思う。

キャッシングお初の人におすすめの借り方や返し方  


Posted by セキジ at 19:11

2014年10月14日

似ている人を探しているわけじゃない。

日々DVDで映画ばかりを観ているわけなんですけども、観てると気になってくることがあります。ここしばらくは外国映画ばかり観ているんですが、出てる俳優さんが誰かに似ている!と気になってしょうがなくなる俳優さんがいます。

私の中のベスト3、輝ける第1位はジョゼフ・ゴードン=レヴィットと井浦新!もう普通に顔が似てますよね?纏う雰囲気とかも。大声で笑っても空気をあまり振動させなさそうな感じ、って言って伝わるでしょうか?観るたびに思うんですけどねぇ。
続いて第2位は、マイケル・ピットと山田孝之。この2人は変化(へんげ)系。作品選びのスタンスとかが似ている。作品によって全然違って、その役の人物であって、マイケル・ピットが演じている、山田孝之が演じている、なんてどうでもよくさせる。その感じが似ていると思うのですが、どうでしょう?

第3位は、ベン・ステラーと勝村政信。演じるキャラクターのイメージが似ているという感じでしょうか。まじめに取り組んでいるのに、面倒に巻き込まれちゃう、みたいな。そのキャラクターは本当に大変なのに、観てるこっちはどうしても笑っちゃうキャラクターを演じるのが得意そう。

いかがでしょうか?あんまりこんなこと思わずに作品に集中したいものですが、見つけると少し嬉しかったりもします。  


Posted by セキジ at 14:21Comments(0)

2014年10月04日

事件です!か?

イタリアの田舎で全裸の日本人男性が発見されたそうです。どうした、日本人!?近くを通った地元の人が、恐る恐る声を掛けて(そりゃ、そうでしょう)、保護してくれたそうですが、日本人はイタリア語も話せず、事情がまだ不明なんだそうです。

観光客で、強盗に遭って言葉通り身ぐるみはがされたと考えるのが、一般的でしょうか。ただ地元では、事情が不明すぎて「テレポーテーション説」が出てるそうです。面白いですねぇ(笑)。
なんで、日本人って分かったんでしょう?「アイム、ジャパニーズ」位は言えるし、分かるか!

彼も、どういう事情でも恥ずかしいでしょうね。何があったんでしょう?この答えが報道されることがあるのでしょうか?テレポーテーションだったら、私たちの耳にその後の経過が聞けないでしょうね。恥ずかしい事情だったら、彼は話したくないでしょうしね。気になります。
  


Posted by セキジ at 02:42Comments(0)

2014年09月23日

家族写真

家族を撮った写真集が好きだ。もしくは、家族になっていく過程が写っているような写真集が好きだ。

妻や子どもや、夫や父になっていく彼氏や、妻の顔をしたり、母の顔になったししていく様を、彼らを愛する人が撮るのがいいのだろう。
見えない愛が見える気がするから。自分に向けられると気づかなかったり、照れて目をそらしてしまうような視線を堂々見れるから。

生活の中に紛れ込んだ愛情が穏やかだったり、意外なほどの激情だったする。「生活」は毎日が粛々と済ませていく日々のように思いがちだが、そんなことはないのだ、と私の世界の色を変えてしまうのだ。
世界が鮮やかに輪郭がくっきりとする。
愛が心に芽を出すと世界の見え方が変わる。

おすすめは「not six」(長島有里枝)、「もう、家に帰ろう」(藤代冥砂)、「ダカフェ日記」(森友治)、「陽子」(荒木経惟)。
「もう、家に帰ろう」は1と2、「ダカフェ日記」は第3弾まで出ていて、家族として少しずつ熟していく様もいい。  


Posted by セキジ at 23:29Comments(0)